アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 のフランス語名言

アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』のフランス語名言

アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』のフランス語名言集。哲学者であり小説家アルベール・カミュ(1913年11月7日-1960年1月4日)の代表作『シーシュポスの神話』から、珠玉の名言をお届けします。フランスの当たり前の教養でもあるので、これをきっかけにみなさんも一読をおすすめします。

Les défaites d'un homme ne jugent pas les circonstances mais lui-même.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

一人の人の敗北というものは、状況によって判断されるのではなく、彼自身によって判断されるものだ。




De même, si toutes les expériences sont indifférentes, celle du devoir est aussi légitime qu'une autre. On peut être vertueux par caprice.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

もしもすべての経験がつまらないものであるならば、義務の経験というものも他のものと同じく正統性のあるものだ。気まぐれから高潔であるといこともあり得るのだ。




Il s'agissait précédemment de savoir si la vie devait avoir un sens pour être vécue. Il apparaît ici au contraire qu'elle sera d'autant mieux vécue qu'elle n'aura pas de sens.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

以前は人生が生きる意味を持つことが必要かどうかということが問題だった。ここでは逆に、人生に意味のない方がよりよく生きられるように見えるということだ。




 

 




J'en vois d'autres qui se font paradoxalement tuer pour les idées ou les illusions qui leur donnent une raison de vivre (ce qu'on appelle une raison de vivre est en même temps une excellente raison de mourir).

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

生きるための理由を与える思想や幻想のために逆説的に殺される人がいるということだ。(生きるための理由と人が言うものが、同時に死ぬための立派な理由なのだ。)




S'il suffisait d'aimer, les choses seraient trop simples.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

愛することで十分ならば、全てがいかにも単純すぎる。




Pour Chestov, la raison est vaine, mais il y a quelque chose au-delà de la raison. Pour un esprit absurde, la raison est vaine et il n'y a rien au-delà de la raison.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

シェストヴにとって、理由というものは意味のないことだ。そして理由のほかに何かがあるのだ。不条理の精神にとって、理由は意味のないことだ。そして理由のほかには何もないのだ。




 

 




Toutes les grandes actions et toutes les grandes pensées ont un commencement dérisoire.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

偉大なる行動や偉大なる思想には、滑稽な始まりがあるものだ。




On peut poser en principe que pour un homme qui ne triche pas, ce qu'il croit vrai doit régler son action.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

原則として次のように考えることができる。ごまかさない人にとっては、彼が信じていることが彼の行為を支配していなければならない。




L'absurde n'a de sens que dans la mesure où l'on n'y consent pas.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

それに同意するのでなければ、不条理というものには意味がない。




 

 




L'oeuvre absurde illustre le renoncement de la pensée à ses prestiges et sa résignation à n'être plus que l'intelligence qui met en oeuvre les apparences et couvre d'images ce qui n'a pas de raison. Si le monde était clair, l'art ne serait pas.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

不条理な作品というものは、思想の放棄ということをよく表している。そこでは、いわれのないことをイメージで覆い、見かけを用いるだけの知性に服従し、その栄光に自己を放棄することなのだ。もしも世界が明晰ならば、芸術というものは存在しないだろう。




Là où la lucidité règne, l'échelle des valeurs devient inutile.

-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』 Albert Camus ≪Le Mythe de Sisyphe≫

明晰さが統治しているところでは、価値の尺度というものは必要がなくなる。





フランス語名言集TOPへ



ABOUT US

クリエイティブな活動をサポートする情報サイト。フランスを中心に、世界のアート&文化の最新情報をお届けします。デザインの参考になるイメージ・シンボル辞典やインスピレーションをもたらす名言・迷言集もご活用ください。

>>read more





アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』をもっと知りたいあなたに

シーシュポスの神話 (新潮文庫)

  

アルベール・カミュの『シーシュポスの神話』は、フランスの高校では必読の書でもあります。神を欺いた罰として転がり落ちる大岩を山頂に押しあげる仕事を繰り返さなければならないシーシュポスの神話から、“不条理の哲学”を追求した一冊です。アルベール・カミュの根本思想を知ることができ、かつ、比較的短い本なのでぜひトライしてみていただきたいお勧めの本です。