BBC伝統番組でヘンリー王子とオバマ元大統領が対談

2017年12月31日(日)カルチャー 

イギリスの国営放送BBCは毎年年末になると、外部から人を招いて編集者兼インタビュアーの役割を演じさせるという番組の伝統があります。今までにも科学者のスティーブン・ホーキングや歌手のボノあるいは画家のダビッド・ホックニーなどがこの役割を演じています。

 

今年のインタビュアーはヘンリー王子

今年の年末はこの役割をヘンリー王子が担いました。ウエールズ公チャールズとダイアナ妃の次男である英王室ヘンリー王子。 婚約はじめ、いろいろとメディアにも話題を提供していますね。

そんなヘンリー王子がオバマや自分の父であるウエールズ公チャールズのインタビューをしました。

 

 

通常はこの番組は歯に衣を着せぬインタビューで有名ですが、さすがに王室の一員によるインタビューだからでしょうか、実に上品なインタビューが実現しました。オバマのインタビューの中でもトランプの名前は一度も出てきませんでした。

 

オバマのインタビュー内容を抜粋してご紹介します。

 * 少年時代の私はとても腕白で破壊的ともいえる生き方をしていました。そういった生き方が19歳か20歳まで続きました。15歳から20歳の間に私の人生はいつでも脱線しかねないありさまでした。

*私たちは、フェイクニュースの時代に生きています。それに対処する一つの良い方法は、ネット上のコミュニティーがネット上にとどまっていないようにすることです。 オフラインで移動することです。パブで出会うことです。あるいは祈りの場所や地域の場所で出会うことです。そして本当に知り合うことです。ネット上では、すべてが単純化されてしまっています。しかし、あなたが直接誰かに出会ったら、きっと物事はもっと複雑だと分かるでしょう。

 

次回のBBC Today の招待インタビュアーはAIです。はたして、AIは王子よりもできの良いインタビューができるのでしょうか?

 

 

 

テーマ:ヘンリー王子、オバマ元大統領、BBCインタビュー

 




ABOUT US

クリエイティブな活動をサポートする情報サイト。フランスを中心に、世界のアート&文化の最新情報をお届けします。デザインの参考になるイメージ・シンボル辞典やインスピレーションをもたらす名言・迷言集もご活用ください。

>>read more