マジシャンが国家資格?フランスの新制度

マジシャンが国家資格?フランスの新制度

フランスで「マジシャン/手品師」が国家資格になりました。世界初の制度をご紹介します。


マジシャンが国家資格?フランスの新制度マジシャンの仏国家資格の内容

手品は世界中で人気のある出し物ですが、国家資格として国が認めるのは、フランスが始めてです。

新しく始まったフランスのマジシャンの国家資格は、バカロレア+2年の資格で、手品で有名なパリのカフェ・シアターle Double Fondが養成をします。

養成期間は、550時間で、生徒の便宜で3か月間みっちりとコースのあるものと18か月にわたってコースのあるものが選択できます。

コースが4段階になっていて、第一段階では、手品の一般教養と実習を学びます。

第二段階では、出し物の準備の仕方を学びます。つまり自分が出し物を演じる舞台に合わせて出し物を計画することです。

第三段階では、純粋に芸術的な側面としての自分の出し物の準備について学びます。

第四段階では、こうした出し物を企業家として経営管理してゆける能力を学びます。

 




マジシャンが国家資格?フランスの新制度フランスのマジシャン国家資格の受験条件と費用

この養成コースに入るためには何の予備知識もいりません。日本人であれば、大学在学中や、大卒であれば問題なしです。

この養成コースの費用は14.850ユーロです。現在の為替レートで170万円ほどですから、安くはありません。

ただしフランスの場合にはこうした資格などの準備には、国の衛生教育資金や能力開発援助、あるいは職務能力開発援助などの補助金が出ます。

現在応募対象者は、新しくバカロレアを取った若者から、30代から40代のサラリーマンで今の自分の仕事では自分の自己実現はできないと考えて転職を考えている人、そして定年に近づいた人でまだ自分は活動をやめたくないと考えている人、定年後の機会に自分の情熱を燃やせる仕事をしてみたいという人たちがいます。

いかがでしょうか?興味ある日本人の方、ぜひトライしてみましょう!

フランスのマジシャンの国家資格をとりたい方、その他フランス留学をしてキャリアにつなげたい方は、コクボコミュニケーションのプロのコンサルタントにご相談がおすすめです。






カルチャーTOPへ

ABOUT US

クリエイティブな活動をサポートする情報サイト。フランスを中心に、世界のアート&文化の最新情報をお届けします。デザインの参考になるイメージ・シンボル辞典やインスピレーションをもたらす名言・迷言集もご活用ください。

>>read more