シェフたちのエリゼ宮午餐会

2017年10月02日(月)カルチャー 

9月27日(水曜日)、フランスでは180人のシェフを招待してエリゼ宮で午餐会がありました。

 

 

1987年にポール・ボキューズがリヨンで創設した料理コンクールであるボキューズ・ドールを記念して大統領が招待したものです。

 

ボキューズ・ドールとは?

今では世界的に有名は料理コンクールとなったボキューズ・ドール。地域大会の後に、本大会があります。本大会では、2013年に軽井沢のブレストン・カートのシェフの浜田統之がブロンズ賞を獲得しています。

面白いのは賞の獲得にかなり偏りが見られるのですね。

金賞を一番多く獲得しているのがフランスの7個です。これはまあ、開催国ですから、そんなものかと思うことにして、あと頑張っているのが、ノルウエー(5個)、スェーデン(1個)、デンマーク(1個)・・・と北欧系がずいぶん活躍しているのです。北欧の人は舌が肥えているのですかねえ?

 

エリゼ宮での午餐会

昨日のエリゼ宮での午餐会に戻りましょう。

招待者はシェフ180名、関係者が40名の総勢220名の昼食会です。 料理を担当したのが、Guy Savoy, Yannick Alléno, Anne-Sophie Pic, Dominique Crenn です。

料理はポール・ボキューズに敬意を表して、次のようなものでした。

* Huître Gillardeau(ギラルド地方のオイスター)

*Langoustines du Guilvinec (ギルヴィネック地方のエビ)

*Soupe d'Artichaut à la truffe noire (黒トリュフ風味のアーティチョークスープ)

*Oreiller de la belle basse-cour (美味な家禽のパイ包み)

 

一番上のGuillardeau のカキは、その美味のためにあまりにも有名になり、結果世界の各地で偽物が出回るようになりました。生産者たちは対策に頭を悩ませた結果、レーザでカキの殻にロゴを印字するということを発明しました。この研究費用が100万ユーロ、かかった時間が1年半といわれています。

 

午餐会のワインは、Corton Charlemagne 2011, Petrus 2003 などワイン好きには、羨ましいようなものですね。

 

テーブル上には各招待客の前に6組のバカラのグラスが置かれていたのですが、これが1個700ユーロはくらいのお値段で、お皿は1枚2500ユーロくらいだといわれています。

 

うーーん、やっぱり国の予算とは大したものですねえ。一度大臣になるとやめられないというのは、どうも本当のようですね。しかし毎日こんな食事をしているときっと、私たちもシェフのような体型になってしまいそうですね。

 

 

 

テーマ:フランス料理、ボキューズドール、エリゼ宮の午餐会

 

カルチャーTOPへ




ABOUT US

クリエイティブな活動をサポートする情報サイト。フランスを中心に、世界のアート&文化の最新情報をお届けします。デザインの参考になるイメージ・シンボル辞典やインスピレーションをもたらす名言・迷言集もご活用ください。

>>read more