カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung のフランス語名言

カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung のフランス語名言

スイスの精神科医、心理学者。精神分析学の祖・フロイトと袂を分かち、分析心理学(ユング心理学)を創設。神秘的な人間という存在を分析した心理学の巨匠。

Nous nous rencontrons maintes et maintes fois sous mille déguisements sur le chemin de la vie.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

私たちは人生の道において、何度も何度も実に様々な形で自分自身に出会うのです。




Là où règne l’amour, il n’est plus de volonté de pouvoir.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

愛の統治するところでは、権力の意思というものはもう存在しない。




Soyez ce que vous avez toujours été.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

あなたがいつもそうであったところの者でありなさい。




 

 




La volonté est aveugle, la douleur myope.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

意思というものは盲目であり、苦痛というものは近視眼的だ。




La croissance de la personnalité se fait à partir de l’inconscient.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

人の成長というものは無意識からなされてゆく。




La pitié du bourreau consiste à frapper d’un coup sûr.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

刑吏の情けというのは確実なる一打ちを打つことです。




 

 




Dieu est le symbole des symboles.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

神というのはシンボルのうちのシンボルです。




Il ne s’agit pas d’atteindre la perfection, mais la totalité.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

完全であろうとすることが問題なのではありません。全体であろうとすることが問題なのです。




Une erreur ne devient une faute que lorsqu’on ne veut pas en démodre.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

過ちが失策となるのは断念し取り消すことをしたがらない時だけです。




Il est assez stérile d’étiqueter les gens et de les presser dans des catégories.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

人々にレッテルを貼り、人々をカテゴリーの中に閉じ込めるということは、何とも不毛なことです。




Ce qu’on ne veut pas savoir de soi-même finit par arriver de l’extérieur comme un destin.

-カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung ( 1875 - 1961 ) 精神科医、心理学者

自分について知ろうとしないことは、やがては運命として外部からやってくるものです。





フランス語名言集TOPへ

ABOUT US

クリエイティブな活動をサポートする情報サイト。フランスを中心に、世界のアート&文化の最新情報をお届けします。デザインの参考になるイメージ・シンボル辞典やインスピレーションをもたらす名言・迷言集もご活用ください。

>>read more





ユングをもっと知りたいあなたに

ユング心理学入門

  

ユングはわかりにくい心の問題を取り扱っているため、本当に入門の方には、河合さんの『ユング心理学入門』をお勧めします。これを読んで、ユング心理学を捉えたのち、ユング自身の著作に行くと読みやすいでしょう。


自我と無意識 (レグルス文庫)

  

人間存在を理解するのに、おすすめの一冊です。わたしたちの無意識を理解するのに必ずはっとするところがあると思います。